本当は重病かも?口臭が原因となる病気たち

朝起きたあとや食後に口臭が気になることはありますがその原因には、主に口腔内の汚れと生理的なもの、病気があります。副鼻腔(びくう)炎になると副鼻腔に出来た膿がのどに落ちてきてそれで口が臭い、胃腸が弱ると消化不良になり食べ物が胃の中で発酵して肺から呼気と一緒に排出されて嫌な臭いが出ます。
肝機能が下がると毒素分解が十分に出来なくなりアンモニア臭が発生し、糖尿病でインスリンの分泌が下がっても血糖コントロールが出来なくなり甘酸っぱいアセトン臭が起きますし、ガンも口臭が出ることがあります。病気が原因なときは早めに医師に相談することが重要で、治療すれば改善も出来ます。
口腔内の汚れが原因ことも多く、歯についた細菌の塊である歯垢(プラーク)や舌の表面にたまった汚れの舌苔(ぜったい)が出す硫化水素、これを放置して虫歯や歯周病などが悪化すると細菌から悪臭の元のメチルメルカプタンも出てより強い臭いになります。
口臭の外来は直に医師が患者の呼気を嗅ぐ官能試験や、機械を使い数値を調べるガスクロマトグラフィー検査があります。検査だと口腔内の状態や原因、人が臭いをどう感じているかもわかります。実際に人が気になるほどの臭いがあるのは患者の中でも6割程度で日々の手入れを正しく行うことで大体は解消されます。
手入れでも最も大切なのが歯磨きで細菌を発生させて、臭いの元になる食べ物のかすを残さないように丁寧に一本ずつ磨くことです。プラークは歯の表面へ付着して塊になっているので歯科医院で除去します。舌苔は白色や黄色がかった苔のようなものは、細菌の塊で歯周病菌が含まれていることもあります。歯磨きでそれを放置すると臭いの元を巻き上げてかえって臭いがきつくなるので、1日1回朝食後にガーゼで丁寧に口腔内の隅々まで舌苔をとって汚れを目で確認した方が良いです。
咽頭など喉の空間にある常在細菌「嫌気性菌」が活発化して、アンモニアガスを作ると臭いが起きます。これは新鮮な唾液が流れていると臭いが殆ど起きませんが、唾液分泌が下がるとドライマウスになって自浄作用や免疫力が下がり、口内フローラが安定しなくなり口臭が起きやすいです。

タイトルとURLをコピーしました