日本人のワキガが増加中!その原因とは

体臭で悩んでいる人の中には、ワキガがコンプレックスになっている人も多いのではないでしょうか。一昔前はそれほど多くはありませんでしたが、近年日本ではワキガで悩む人が増加しています。人それぞれ症状の重さには違いがありますが、日本人のワキガが増加した原因の一つとしてあげられるのが、食生活の変化です。もともと日本人はワキガになる人は少ない人種であり、欧米人の方がはるかに多い割合でした。しかし近年では欧米人と同じような食生活になっており、それが原因となって日本でもワキガで悩む人が増えています。外国人は日本人に比べると肉を始めとした動物性のたんぱく質や、香辛料といった刺激物を食べる人が多く、そのような食生活がキツイ体臭に繋がっているケースが多いです。肉類だけではなく乳製品を多く摂取したり、ファーストフードや甘いものをたくさん食べると、皮下脂肪へと変わり肥満になります。皮下脂肪が多くなることにより、悪臭を放つ原因となるアポクリン腺や皮脂腺を刺激してしまいます。そうなることで、体臭が強くなってしまっています。それが欧米の食生活が身近で当たり前になっている、今の日本にも当てはまるようになり日本人のワキガが増加している原因と言えます。一昔前は野菜や穀物類、お漬物など日本らしく質素な食事を摂ることが当たり前とされており、その時代には体臭で悩む人はそう多くはありませんでした。匂いが気になるという人は、まず食生活を見直してみるべきであり、欧米化していると感じた場合には昔ながらの日本人らしい食生活に戻してみるようにしましょう。消臭スプレーやクリニックでの治療など、解決方法も多い時代となっていますが、まずは根本から見直してみることが必要になってきます。そのためにも、生活習慣を見直すべきであり体臭の一番の原因となることが多い食生活には特に気をつけておきましょう。食べるものが原因ということを、頭においておくべきです。

タイトルとURLをコピーしました