男性だけではない女性にもある加齢臭の原因について

40代過ぎの男性の方で加齢臭を心配される人が多いようですが、男性の方々に限らず女性の方にも加齢が起こります。

加齢臭の原因では年令が関係していて、年を重ねることで皮脂にある脂肪酸のパルミトレイン酸が増えることから起こります。

パルミトレイン酸といった皮脂が分泌して空気にふれると酸素により酸化されて、ノネナールを作ってしまうのです。

ノネナールが加齢臭が起こる臭いの成分ですが、1999年にある研究施設が、中高年のみ起こる脂臭い匂いの原因物質がノネナールだという事を発表し、この体臭を加齢臭と称しました。

さらに、パルミトレイン酸は若い子の皮脂にはほとんど無いため、中高年のみが起こる独特の臭いになる原因だと考えられています。

パルミトオレイン酸については、女性の方のケースでは30代の後半から皮脂量が増えるので、加齢臭が強くみられるようになります。

皮脂量が増えることは、女性ホルモンにより皮脂量が抑制されていたけれど、30代の後半から女性ホルモンが少なくなるので増えるとされています。

女性ホルモンは50歳前後で閉経してしまうとどんどん減少して、男性ホルモンが活発になり、皮脂量が増すのでより加齢臭が発症しやすくなると考えていいでしょう。

加齢臭は、皮脂が多い首筋やわき、耳の裏側や背中、お顔や頭部の肌に出やすいとのことです。

臭いを防ぐには、お風呂に入る時には皮脂の多く出る箇所を洗い流すことが重要ですが、皮脂を落とし過ぎに注意しましょう。

皮脂を洗い流しすぎるとカラダが皮脂が不足していると判定し、皮脂がたくさん出てくる様になって、より臭いが生じるおそれもあります。

ソフトにカラダの汚れを落とす様に意識すると最適ですが、臭いの原因であるノネナールは、一般の石鹸では臭いが取り除ききれないとされています。

臭い対策をするなら、ノネナールの発生原因となる皮脂の酸化を防止する効き目がある加齢臭対策専用の石鹸を取り入れることをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました