多汗症は体臭もきつくなる。多汗症=体臭の理由について

身体から出る汗は大きく分けて2通りあり、発生させる汗腺も異なります。どちらの汗にも基本的に臭いはなく、それぞれが菌の働きによって臭いを発生するようになります。特に刺激が強いのは、アポクリン汗腺から出る汗が元になったものです。発生して比較的早い段階から臭いを放ち始め、ワキガとして有名です。しかしアポクリン汗腺は多汗症とは関係のないため、直接的な臭いの元である汗が増えるというわけではありません。
多汗症はエクリン汗腺という器官に起こる異常で、そこから出る汗そのものはあまり強い臭いの元にはなりにくく、種類も異なります。しかし量が多いため、放置しておくとやがて体臭を放つようになります。
汗はほとんどが水分で構成されていますが、中には塩分やミネラルといった不純物が少なからず含まれています。それが菌にとっての栄養素となる上に、肌の表面にある皮脂とも混ざり合って体臭の発生を促進させます。皮脂は身体だけに留まらず、衣服にも付着します。そして洗濯をしても完全に落とし切ることができないこともあるため、そこに大量の汗が混ざって体臭を発生させてしまいます。
またアポクリン汗腺は脇を中心に多いですが、エクリン汗腺はほぼ全身に万遍なく広がっていて、特に脇・手のひら・足に集中しています。特に足の場合は靴下を履いていると、汗が十分に蒸発しないため蒸れてしまい、菌の温床となる可能性が高いです。
またアポクリン汗腺由来の臭いとも全く関係ないわけではなく、水分の提供などで間接的なサポートをしてしまいます。もし多汗症と共にワキガの症状を持っていたとしたら、発生する臭いはさらに強くなることでしょう。
これらの症状に対処するには、自分がワキガと多汗症のどちらのタイプなのかをしっかりと判別することが大切です。ワキガの治療はアポクリン汗腺に対して行なわれるため、エクリン汗腺由来の多汗症が同時に治る可能性は低く、その逆の場合も同じです。

タイトルとURLをコピーしました