足の臭いをしっかり落とす洗い方のコツ

足をしっかり洗っているつもりでも臭いが気になる場合がありますが、解消するためにはどのように洗うのが良いのでしょうか。
足の臭いは主に雑菌が原因となっており、汗や汚れなどを分解する事で発生するのが「イソ吉草酸」という物質で、これが臭いの原因とされています。このイソ吉草酸は酸性で普通に洗っても中々取れにくい事が特徴で、ゴシゴシ洗っても汚れがとれるだけなのです。ではどのような洗い方が有効となるのか、イソ吉草酸をしっかり落とせるコツなどを確認しましょう。
まず挙げられますのが、湯船に浸かる方法が効果的とされています。足そのものをきちんと温める事ができれば、血行も良くなり皮膚に水分が吸収されます。皮膚も柔らかくなりますので、角質を落としやすくなる効果もありますし、臭いの元になりやすい垢なども洗えるというメリットがあります。
シャワーで済ますという方もいらっしゃるかと思いますが、その場合は浴槽や洗面器などにお湯を張って、足湯のようにする事で同様の条件となるでしょう。
そして洗い方のポイントですが、指を使って丁寧にマッサージするように洗う事がおすすめです。優しく撫でるような洗い方で、指の間や爪なども丁寧に洗っていきます。タオルを使用して洗う場合でもできるだけ柔らかい物を使用し、良く泡立てて足を洗うのが良いです。
臭いを取りたくてどうしてもゴシゴシ洗ってしまいがちですが、そうすると肌のバリア機能が失われてしまう他、傷ついた粘膜からさらに雑菌が繁殖してしまうケースもあります。
このバリア機能ですが、洗浄力の強いボディーソープなどの使用では失ってしまいやすいので、殺菌効果のある石鹸などで洗う事が望ましいです。
しっかり洗った後はきちんと乾かす事も大事です。濡れた状態で放置していたり、靴下を履いたりすると雑菌が繁殖しやすいので、きちんと乾燥させる事まで考慮しておきましょう。
このように効果的な洗い方を実践する事で、足の臭いを軽減する事に繋がるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました