足の臭いの原因と対策

女性が悩む臭いにはさまざまな種類がありますが、そのなかでも特に多いのは足の臭いです。ブーツをはいた後に、鼻をつくような強烈な臭いを感じたことは女性なら誰でもあるでしょう。お洒落にブーツをはきこなしたい場合は、何としても解決しておきたい大きな課題といえます。そこで多くの人が取りがちな対策は消臭スプレーを使用することですが、根本的な原因を把握していないと大した効果を期待できません。
足が臭う大きな原因となっているのは雑菌の活動です。人間の体は無菌ではなく、どれだけ清潔にしても一定数の雑菌が住んでいる状態にあります。靴のなかで雑菌が盛んに繁殖してしまうと、エサとなる物質がたくさん分解されてしまい、その過程において臭いを引き起こす成分が生成されるのです。たいていの場合は、腐ったような臭いと酸っぱさのある臭いが混じったような悪臭になります。
エサとなる物質の代表は足から出る汗です。手のひらが汗をかきやすいことは有名ですが、足の裏も同様であることを知っている人は多くありません。足の裏にも汗腺が多く存在しているため、普通に日常生活を送っているだけでも1日を通して大量の汗をかくことになります。足の汗自体は臭うものではないので勘違いしないようにしましょう。また、肌が古くなってできる角質も雑菌のエサとなります。こちらも汗と同様で、分解されることにより悪臭を放つようになるのです。足の裏は接地の衝撃を受けるため、必然的に角質は硬くなっています。したがって、肌から剥がれ落ちる頻度も多くエサになりやすいというのが実情です。
その他にも蒸れなども原因となっていますが、解決への近道はやはり雑菌の繁殖を抑えることです。つまり、エサをなるべく与えない状態をつくりだす必要があります。多湿の状態にしないため、できるだけ通気性を良くすることを心がけてください。角質に関しては日頃からピーリングなどでケアしておくことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました