女性特有の体臭、その原因と予防

体臭の中には、女性特有のものもあります。最も代表的な女性特有の臭いとしては、生理前後に発生する独特の体臭があげられます。なお、この臭いは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れたことに由来しています。一般的に生理から排卵日まではエストロゲンが優位になり、排卵日から次の生理まではプロゲステロンが次第に優位になっていく傾向にあります。そしてプロゲステロンが優位になると、皮脂が増え体臭が強くなることが知られています。また、生理不順などでそもそもの生理が乱れている人はメカニズム自体が崩れている可能性が高く、その結果のひとつとして臭いの原因となるプロゲステロンが優位な状態が常に続いてしまうことがある点には注意が必要です。さらに、生理以外の自律神経の乱れやストレスを原因に女性ホルモンのバランスの崩れが体臭の原因となってしまうこともあります。これは、それらホルモンの乱れは皮脂分泌過多を引き起こすことが多いことに由来します。なお、生理をはじめとした女性ホルモンの乱れが原因の体臭の予防は、できるだけリラックスして生活リズムを整える、というものです。当たり前と思われがちですが体臭予防にも効果的なのでぜひ意識して生活しましょう。
また、女性は髪を伸ばしていることが多いので不十分な頭皮ケアを原因とした体臭にも注意が必要です。髪を洗うというよりは地肌にまでしっかりとシャンプーを揉みこみ、毛穴の中に詰まった皮脂までしっかり落とすことを意識した洗髪を心掛けるようにしてください。さらに、使用するシャンプーについては、合成界面活性剤配合のものはおすすめできません。これは、合成界面活性剤は配合のシャンプーを使用すると必要な皮脂まで落としすぎてしまうことがあるためです。その結果かえって皮脂の分泌を促してしまう悪循環を引き起こす可能性があります。体臭を予防するという観点からはアミノ系シャンプーの使用がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました