自分自身では気が付きにくい加齢臭の確認方法

加齢臭はある時いきなり臭いだすわけではなく、徐々に年を重ねるたびに臭うようになるようです。

自分自身の匂いになれてしまうと、自らが臭いを出している事態に気が付くことができないこともあり得ます。

このようなケースでは加齢臭にすぐさま気がつく為にも、加齢臭の確認をすることが大事です。

頭髪の生えぎわや首のまわり、わきの下といった場所だったら、臭いを自分自身で確かめて認識する事が出来るかもしれませんが、実のところなかなかできないものです。

加齢臭の確認とし最適な方法が、加齢臭が出てくる箇所に接触している衣服の匂いを嗅いでみてもいいのですが、脱いだ衣服の匂いをすぐさま嗅いでも、判明しづらいことが多いです。

加齢臭はカラダの脂質に雑菌の感染がプラスされ、臭いを強くさせるというのがわかっているので、脱いだ衣服を2、3日くらいそのままにしてから、においを嗅ぐしかありません。

けれども1回着用した衣服をそのままの状態にしておく事は衛生的ではないためあんまりしたくない人がいるかも知れません。

そういうわけでオススメのやり方は、手始めにまくらカバーのにおいを嗅いでみるといいでしょう。

何日か使用したまくらカバーのにおいを嗅ぐと、自身の加齢臭が有るか無いかをチェックできるでしょう。

さらにタオルの匂いを確認する方法もあります。

何度かお風呂に入ったあとや、汗を拭くのに使用したタオルのにおいを嗅いでみる方法でも、加齢臭の有無はチェックできるでしょう。

最も明確な手段は、幾日か置いたタオルのにおいを嗅ぐのが何よりです。

この他には、加齢臭が出やすい頭皮やTゾーン、首の後ろ側やわき等にティッシュペーパーを強く押し当ててふき取り、そのにおいを嗅いで確かめるのもひとつの方法です。

そこでにおいが発生していれば、もうすでに加齢臭が生じているとなっているでしょう。

近頃は加齢臭を確認することが可能な用品とかも発売されているので、こういった物を活用するのも一つの選択肢といえるのです。

タイトルとURLをコピーしました