耳垢が湿っている人はワキガなの?

耳垢が湿っているとワキガなのか、その疑問に対する答えは半分がイエスでもう半分はノーです。
湿った耳垢は共通する体質の1つで、腋が強い臭いを発する可能性があるということです。
厳密にいえば、耳垢がキャラメル状だったり、更に下着が黄ばみやすいなど、より詳しい条件が存在します。
他にも、脇毛が濃かったり腋汗が多いなど、チェックすべきポイントはいくつもあります。
つまり耳垢の種類だけでワキガと判定するのは難しく、腋の臭いも確認して判断することが必要です。
普段は乾いているカサカサタイプで、入浴やプールの後に湿っているだけなら、全くワキガとはいえないです。
ワキガの条件に当てはまるのは、日常的に耳垢が湿っているキャラメル状で、耳かきの梵天を使わない人です。
確率的には耳垢との関連性は高く、90%くらいの確率でワキガの可能性が疑われます。
理由としては、ワキガの人に当てはまるアポクリン汗腺の数が多いと、耳垢も湿る傾向になることが挙げられます。
アポクリン汗腺の多さが2つの体質の共通点なので、身体の臭いが強い人は耳の中も湿りやすいといえます。
しかし、これらはあくまでも共通点の1つに過ぎず、直接的に結びつけるのは安直です。
可能性が高いというだけで、絶対にそうだとは限りませんから、まずは医療機関でチェックしてもらうのが良いでしょう。
仮にもしワキガと判断されても、直接的な対処法や医学的な治療法があるので、臭いの改善を諦める必要はないです。
むしろ、今は小さな負担で効果的な改善ができる時代ですから、悩む前に前向きに解決を目指すことができます。
耳の方は完全に体質なので改善は難しいですが、腋は汗や汗を出すアポクリン汗腺に対処することで、臭いの改善が図れます。
改めてまとめると、耳垢が湿っている人は、ワキガ体質の人に共通するアポクリン汗腺が多いことを意味します。
即座にイコールではなく、体質的に共通していて腋の臭いが強い可能性があるというのが、この疑問の答えとなります。

タイトルとURLをコピーしました