口臭が臭いと言われたら(口臭対策)

口臭を指摘されてショックを受けた経験があるという方は多いのではないでしょうか。体の臭いにまつわる問題はデリケートであるため、なかなか相手から指摘されることがありません。口臭が臭いと言われた場合はそれをありがたく真摯に受け止めて、積極的な口臭対策に努める必要があります。対策を行う前に、まずは原因について特定することが大事です。原因に対してしっかりとアプローチすることが出来るかどうかが、口臭対策において重要なポイントになるからです。ニンニクなどのニオイが強い食べ物を食べた後やお酒を飲んだ後に生じる口臭は、一時的なものです。消化されれば臭いは消えます。消化されるまでに行うべき対策としては、胃や腸で作用するエチケットサプリを飲んだり、ミント系のガムやタブレットを食べたりなどがあります。便秘も口臭の大敵となります。便秘解消に役立つ対策としては、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすために乳酸菌やオリゴ糖やビフィズス菌を摂取する、不溶性食物繊維と水分を摂取して便のカサ増しをして排便を促す、お腹に刺激を与えることが出来る運動を行い腸の蠕動運動を活発にさせる、筋トレをして腹筋を鍛えるなどがあります。口臭は口の中の菌が増殖することで起こります。口呼吸をするクセがあると、口の中が乾いてしまい菌が増殖しやすい環境になってしまいますので、鼻呼吸をするクセをつけることも大切です。菌の増殖を防ぐためには歯磨きも欠かせません。丁寧な歯磨きで歯垢や食べ物のカスをしっかりと取り除き、口の中をいつも清潔な状態に維持することを心がけましょう。歯ブラシだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシや舌ブラシなどを用いると汚れを落としやすくなります。強力な殺菌作用を持つ歯磨き粉や洗口液やうがい薬なども取り入れて、オーラルケアの底上げをしましょう。虫歯や歯周病も口臭の原因になりますので、定期的に歯科医院を受診して自分のお口の状態を常に把握しておくことも大切です。積極的な口臭対策を行い、爽やかな息に導きましょう。

タイトルとURLをコピーしました