汗をかいてないのにワキガ臭?汗の量と臭いの関係

それほど脇汗をかいていないのにワキガ臭がすることに対して、悩みや疑問を抱いている方は多いのでは無いでしょうか。汗の量と臭いの関係を知れば疑問は解消されますし、対策に大きく役立てることが出来ます。まずは、ワキガ臭の原因についての理解を深めておきましょう。臭いの原因は、アポクリン汗腺から分泌される汗です。汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。運動をした後や入浴をした後や熱が出たときや気温が上昇したときにかく汗は温熱性発汗によるもので、エクリン汗腺から分泌されます。エクリン汗腺から分泌される汗はいわゆる良い汗で、健康な体の人であれば誰でも分泌されます。無色透明で水のようにサラッとしていて、臭いもありません。ストレスや不安感や緊張感を抱いたときにかく汗は、精神的な作用によって起こる精神性発汗にあたります。精神性発汗による汗はアポクリン汗腺から分泌され、ベタベタしていて臭いがあります。白いトップスに汗染みが生じた場合、変色して黄ばんでしまうという厄介な性質も持っています。精神性発汗によりアポクリン汗腺から分泌された汗が、ワキガ臭の原因になります。温熱性発汗の場合は大量に汗をかいているという実感がありますが、精神性発汗の場合は脇の下や顔や頭や手のひらなど局所的にじんわりとかく汗であるため、大量に汗をかいているという実感がありません。それが、汗をかいていないのにワキガ臭がするという感覚に結び付く要因です。汗の量に関わらず、アポクリン汗腺から汗が少しでも分泌されれば臭いは発生します。ですので、ワキガ臭を抑える対策だけではなく、脇汗を抑える対策を講じることが悩み解消への近道となります。脇汗を抑えるのに効果的なアイテムは、塩化アルミニウムが配合されている制汗剤です。ローションタイプやロールオンタイプやクリームタイプなど様々な形状のものがありますので、自分の好みやライフスタイルに合ったものを選び、積極的に取り入れてみましょう。脇汗をかく前の清潔な脇に馴染ませておけば、汗の量を大幅に減らすことが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました