加齢臭と体臭とワキガの違いは

加齢臭と体臭とワキガの違いはその臭いの元となる皮脂の成分と、分泌される部分による環境の影響が非常に大きなものとなっています。一般的に体臭は体全体にある皮脂腺から分泌される皮脂によるものですが、その皮脂に含まれる成分によって影響が生まれるものとなります。
体臭がきついと言われる人の多くは普段から脂分の多い食生活であったり、喫煙をしていたりといったことが要因となることが少なくありません。その成分が体外に排出される脂の中にも含まれるため、これが臭いとなって現れることになっています。
加齢臭はその皮脂の中にノミナールと言う成分が含まれることにより、さらに独特の臭いへと変化することによるものです。このノミナールは加齢とともに現れるもので、独特の臭いを放つことが特徴となっており、これが加齢臭と呼ばれる匂いとなっているのです。
ワキガは腋の部分にあるアポクリン腺から分泌される成分が原因です。これが周囲の皮脂と一緒になることで独特の臭いを発生させることになり、さらに腋の部分は蒸れやすいこともあるため、その熱で周囲に匂いが拡散することから、気になるものとなってしまうことがわかっています。
人間の体は余分な脂を排出するために様々な機能を持っており、この脂が体外に排出されることでその人独自の臭いを伴うものへと変化することが体臭の原因です。そのため、もともとはその人がどのような生活をしているかによって度合いが異なるため、この臭いを少なくするためには生活習慣の改善が最も効果的な方法となっています。
しかし、基本的に加齢臭や体臭が気になるのは日本人の特徴でもあり、もともと臭いに敏感な日本人は、一般的にはあまり気にならない臭いでも気にしてしまう人が少なくありません。それぞれ分泌する場所やその成分に違いはありますが、根本となるのは余分な皮脂を分泌する人間の体の構造にあり、そのために必然的に発生するものであることを意識しておくことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました