意外な関係!?便秘と体臭の関係について

一見すると意外ですが、実は便秘と体臭には切っても切り離せない深い関係があります。
そもそも便は食べ物のカスや古くなった細胞の固まりで、定期的に排出することが必要不可欠です。
これが便秘で長期間腸内に留まると、それだけ便が分解されていき、やがて腐敗が進みます。
この腐敗こそが体臭を強くする原因の1つで、改善する必要のあるポイントだといえます。
便秘はいわゆる悪玉菌を増やしてしまい、腸内細菌のバランスを変化させます。
同時に、便の腐敗や発酵が進み、結果として有害物質が発生するようになります。
有害物質は体臭を引き起こす切っ掛けで、しかも行き場を失った成分が腸壁を通じて血液に溶け込み、それが全身に回ってしまうわけです。
快便であれば、体臭の原因となる有害物質は排出されるので、全身から臭いを発する心配はないです。
ところが、便秘になるとこの有害物質を溜め込むことになりますから、体臭が強くなっても不思議ではないといえるでしょう。
血中の有害物質は、肝臓で解毒されて無害化されるものの、完全に体臭を防ぐのは困難です。
更に、無害化された分は皮膚や呼吸で排出されますから、いずれにしても体臭が強くなるのは避けられないです。
対策はやはり、食生活を改善して便秘を防ぎ、毎日の改善を目指すことにあります。
食物繊維や適度な水分補給は、腸内環境を良好に保つ食生活の基本で、これらが便秘を防いで体臭も減らします。
運動不足や不規則な食生活だと、腸の働きが低下して溜め込みがちになります。
規則正しい生活は、便の排出に欠かせない心掛けですから、なるべく睡眠不足などは避けるようにしましょう。
便秘は苦しいだけでなく、気分が悪くなったり臭いを強くするなど、何も良いことはない問題です。
便から生まれた有害物質が血中に溶け出す、そう考えると決して気持ちの良いものではありませんし、改善しようという気持ちになるはずです。
便秘の解消は決して不可能というわけではなく、生活習慣に原因があることが多いので、見直して改善に取り組むのが正解です。

タイトルとURLをコピーしました