ワキガの治療と対策(ワキガ自体の説明は不要)

ワキガの治療や対策は、その症状の度合いによって異なります。完全に治療したいときにはアポクリン腺除去手術が必要になりますが、軽微な場合は手術をしなくても対応が可能です。制汗クリームやスプレーなどを使用して脇の汗を抑えることで、悪臭を軽減できます。医療機関に相談に行った場合でも、軽微なら体への負担が少ないので制汗クリームの使用を勧められることがあります。脇毛を脱毛することも対策になるので、検討してみても良いでしょう。脇毛があると蒸れたり常在菌などの雑菌が繁殖しやすくなり、臭いの原因になるので脱毛すれば解消でき、手入れも容易になります。ただし、レーザー脱毛で使用される光の出力はアポクリン腺を除去できるほど強いものではないので完治しません。脇毛のなくなった後の毛穴に皮脂などの汚れが詰まって悪臭を発する場合もあるため、手入れをすることが重要です。軽微であれば、ボトックス注射による発汗の抑制も使用されることがある方法です。継続期間は半年ほどですが、状態によって保険が適用されることもあるので費用を抑えられます。
重度のワキガになるとこれらの対策ではあまり効果を得られないので、アポクリン腺除去手術を考える必要があります。手術の方法で最も一般的なものが剪除法であり、皮膚を切開して目で汗腺を確認して除去していくので治療効果も高く、保険も適用できるのがメリットです。しかし、術後に運動制限が出たり傷跡も残るなどのデメリットもあります。傷跡の小さい手術方法もありますが、除去の漏れが出やすく保険も適用されないなどのデメリットがあるため、どの方法が最適であるのか比較が必要です。なお、近年は皮膚の切開を伴わない汗腺除去手術もあるので、傷跡が気になっていた人でも利用しやすくなっています。電磁波を照射することで水分を含んでいる汗腺を熱して破壊する仕組みですが、やはり剪除法と比べて除去率が低いので再発する恐れがあり、自費診療になります。そのため、保証付きのプランを用意しているところもあります。

タイトルとURLをコピーしました